女性の薄毛予防ケアについて

女性の薄毛や抜け毛は珍しくなく、最近では20代から30代の若い女性にも増えています。
若い人が薄毛になる原因としては、無理なダイエットによるホルモンバランスの乱れ、ヘアカラーやパーマなどファンションによる髪のダメージ、不十分な頭皮ケアなどがあります。

女性の薄毛予防ケアとしては、シャンプーが有効です。
シャンプーを正しく行うことで予防ケアにつながります。
正しいシャンプーのポイントとしては、2度洗いが基本となります。
頭皮を健康に保つために、1度目には表面の汚れや整髪料などを落とし、2度目でじっくりとマッサージをするように毛穴までシャンプーの泡が届くようにします。
ただし、シャンプーの刺激が強すぎると頭皮に良くないため、2度目のシャンプーでは、1度目の半分の量を目安に使用します。
また、洗う際には指の腹を使うことがポイントです。
頭皮は刺激に弱いため、爪を立てたり、ゴシゴシと洗わないようにします。
洗う方向は、髪の毛の流れに逆らうようにしたから上に向かって洗っていきます。
こうすることで、隅々までシャンプーの泡を生き届けることができます。
すすぎの際にも同じように下から上へと流すようにします。

予防ケアとしては、シャンプー後の仕上げも重要です。
水分を拭き取らない状態で自然乾燥させると頭皮や髪の乾燥の元となり、角質も痛めてしまうため、タオルで押さえるようにふきます。
ドライヤーを使う場合には、必要以上に水分を奪わないようにするために、15cm程度話して使うようにします。

他にも、頭皮と髪に十分に栄養を行き渡らせるためには、規則正しい生活とバランスの良い食生活を心がけます。
栄養バランスが乱れたり不足すると薄毛や抜け毛を引き起こすため、ダイエットする際に注意が必要です。

サイト内検索
最近の投稿
No image

女性の薄毛予防ケアについて

2019年8月9日