男性と女性の薄毛の違いは?非常に簡単な原因

男性と女性の薄毛の違いは、非常に簡単な原因にあります。
それは、男性と女性の生まれたときの体質の違いです。
男性と女性の薄毛の違いはこれだけで分類することが容易に出来ます。

なぜこのような簡単な方法で見極めることが出来るのでしょうか。
それは、男性の薄毛の症状は男性が元々持っているホルモンの量によって決まることがほとんどだからです。
このホルモンと言うのは男性ホルモンのことで、このホルモンの保有量が多い人は将来的に薄毛になってしまう確率が非常に高くなります。
実際、女性と違って薄毛となってしまっている人の7割近くはこの生まれた持ったホルモンによって髪の毛が薄くなっていることが医学的にも解明されています。

反対に、女性はこのようなホルモンによって髪の毛が抜けていくことはありません。
もちろん、女性も先天的な体質によって体内のホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。
しかし、それはあくまでも生理的な現象の一つであって男性のように髪の毛を薄げにしてしまう物質が作用しているわけではありません。
女性の場合は、髪の毛のパーマやカラーリングの影響によって髪の毛と頭皮が傷つけられてしまうことが多いのです。
一回や二回程度ならばすぐに頭皮の状態を元の良い状態に再生してくれるのですが、何度も同じ事を繰り返すと頭皮の細胞や毛根そのものが再生できないくらいに傷つけられてしまいます。
だからこそ、髪の毛に悪いホルモンをほとんど持っていないにも関わらず髪の毛が抜けてしまうことになるのです。

このように、男性と女性の薄毛の違いは原因を突き止めれば簡単な要因によって結論付けることが可能です。
原因が特定されているため、それぞれの対策をしっかりと行えば薄毛を予防することは難しくありません。

サイト内検索
最近の投稿
No image

男性と女性の薄毛の違いは?非常に簡単な原因

2019年9月8日